収入証明書が必要ないカードローン会社はある?

収入証明書を提出しなくても審査通過できる金融業者はあるの?

 

 

当たり前のことですが、カードローンを利用しキャッシングをするためには、申し込み者本人に安定収入が無ければいけません。

 

銀行系カードローンの中には、配偶者に収入があれば借りれる融資商品もありますが、原則として本人の収入が必要です。

 

申込書に勤務先や年収などを記載し提示することになりますが、よく考えてみれば金融業者からしてみると自己申請ですので、その収入が本当にあるのか確認することが出来ません。

 

そこで収入証明書の出番となり、申込書に記載されていることが嘘では無いことを証明するものです。

 

しかし小額の借入でしたら、この収入証明は必要なしで申し込みをすることが出来るのです。

 

大手消費者金融の場合、原則として50万円までは収入証明書不要であり、銀行系カードローンでは数百万円まで収入証明書が不要に設定されていることがあります。

 

ただし大手消費者金融で50万円以下でも収入証明書が必要になることがあり、例えば他社からの借入金額と合わせて100万円を超える場合には所得証明が必要となります。

 

他社から借り入れをしている場合は貸金業法の「総量規制」に引っかかってしまうこともあるので、提出を求められるということです。

 

また、年収証明書類の提出が不要で融資してもらえる場合は、利用限度額が低めに設定されることが多いので注意しましょう。

 

ちなみに個人事業主や自営業者の場合は、借入金額に関係無く、必ず収入証明書が必要となりますので、予め確定申告書の写しなどを準備しておくようにしましょう。

 

 


 

 

イオン銀行カードローンBIGは金利3.8%〜13.8%、融資限度額最大800万円とかなり使い勝手の良いカードローンサービスです。

 

しかも申込者本人に収入がなくても、配偶者に安定収入があれば借りれるので、主婦の方にも人気です。

 

もちろんパートやアルバイトの学生でも毎月収入があれば審査には通りやすいと言えるでしょう。

 

15時までの申し込みなら原則即日回答の素早い対応も見逃せません。

 

 

しかしキャッシュカード発行まで1週間近くかかるので、いま直ぐにでも借入れをしたいという場合は最適ではないといえるでしょう。

 

また、イオン銀行カードローンビッグは銀行系ですので、審査は比較的厳しめと考えたほうが良いです。

 

例えパートやアルバイトでも申し込みできたとしても、それは審査が甘いということではありませんのでご注意を。

 

 

審査に通る自信がない方は、審査が緩い中小の消費者金融系を利用するのもひとつの手です。

 

銀行系に比べて借りれる可能性はグッと高くなりますが、悪質な業者も介入していますので、その点は注意必要です。

 

 

安心安全で素早くキャッシングが出来るのは大手の消費者金融です。

 

スピード審査、申し込んだその日に融資を受けることも難しくありません。

 

自動契約機も設置されていますので、土日しか申し込みが出来ないという方でも問題ありません。

 

みずほ銀行カードローンは低金利でありながら最大限度額が1000万円と高い事から、非常に魅力的なサービスと言えますが、審査はやはり厳しいのでしょうか?

 

名前の通り、みずほ銀行のカードローンは銀行系のため正直、審査に通るのがかなり大変です。

 

また、直ぐにでも借りれる業者を希望している場合は向いていません。

 

 

出来るだけ審査の甘い業者となると中小の消費者金融>が挙げられます。

 

審査の緩い業者が多くありますので、借りやすいという点では良いのかもしれません。

 

しかし中小サラ金は闇金が紛れていることが多く、利用する際は十分に注意が必要です。

 

 

一方、大手の消費者金融ならそのようなことが無く安心して融資を受けられるのでオススメです。

 

働いていて安定した収入があれば正社員でなくても審査に通る可能性は十分あると思ってよいでしょう。

 

銀行系よりも審査スピードが早く、即日キャッシングに対応している業者が多いので、直ぐにでもお金が必要という場合は最適です。

 

仕事の都合上平日は店舗に手続きしにいけないという方も問題ありません。

 

自動契約機が各地域に設置されていますので、土日や祝日でも審査手続き可能です。

 

先ずは1枚確実に作れるカードローンが欲しいのであれば、大手の消費者金融を検討してみるのも一案といえます。

 

銀行系のカードローンは審査が厳しく、簡単に作れないはご存知かと思います。

 

また審査が厳しい分時間もかかりますから即日融資を希望してもその可能性はかなり低いです。

 

その点、三井住友銀行カードローンは即日融資に対応しており、急ぎでお金が必要といった場合も便利です。

 

おまけに低金利ですから、毎月の返済負担も軽くて済むので魅力的です。

 

ですが、三井住友銀行のカードローンはやはり銀行系ですので、例え即日キャッシングに対応しているとはいえ審査が甘いということはありません。

 

そのため、審査に自信がない場合は無理に申し込まないほうが無難です。

 

 

カードローンの審査に一度でも落ちると、次回から多少不利になることが多いですから作りにくい業者で無理に作ろうとせず、まずは利用しやすい業者を選ぶ方が賢い選択です。

 

利用しやすい業者として人気なのが大手の消費者金融です。

 

総量規制の対象になるため借入限度額は銀行系よりも低いですが、手続き時間が短くて済みますので即日キャッシングが可能です。

 

自動契約機もありますので土日でもカード発行可能とかなり使い勝手が良いのが特徴です。

 

 

審査は緩いのか気になる点ですが、基本的にカードローンの審査はどの業者も基準が似ており緩いということは決してありません。

 

ただ、大手の消費者金融であればアルバイトやパートでも申し込みができる事から利用しやすいのは確かでしょう。

 

ブラックとは個人信用情報機関に金融事故と呼ばれる事故情報を登録されることを指します。

 

つまりは信用を欠いている状態ですので、基本的にキャッシングは無理です。

 

 

銀行や大手消費者金融はもちろんですが、クレジットカードも作るのは難しいです。

 

信用情報は各金融機関で共有できますので、虚偽の申告をしても絶対にバレますから、一度でもブラックリストになってしまった場合は、その情報が消えるまではキャッシングは諦めたほうが良いかと思います。

 

 

ちなみにブラックはブラックでも、申し込みのし過ぎで事故情報として登録される場合もあります。

 

これを申し込みブラックと言い、短期間の間に何件ものカードローン会社に申し込み審査落ちをしている方は、これに該当します。

 

 

また多重債務者のように任意整理や自己破産等の債務整理をすることでもブラックとして登録されますので、この点はお忘れなく。

 

自己破産者の場合5年から10年程度は事故情報が残ります。

 

 

基本的にブラックですと融資を断る金融機関が殆どですが、中には「ブラックOK」といったブラック対応消費者金融があるのをご存知でしょうか?

 

大手消費者金融ではなく、中小消費者金融に多いようです。

 

ブラックOKのサラ金は、実は闇金融である可能性が高く、後で法外な額を請求し返済困難に追い込みます。

 

ですから絶対に手を出してはいけません。

 

 

ブラックでも借入れ可能なカードローンは基本的になく、あったとしても悪質な業者であることは間違いないと言ってよいでしょう。

 

ブラックとして登録されているのであれば、まずは借金に頼らないで生活することを心がけましょう。

 

 

続きを読む≫ 2015/06/20 18:00:20

 

京葉銀行カードローン「そっけくん」は口座を持っていなくとも融資が受けられるカードローンサービスです。

 

配偶者に安定した収入があれば本人が働いていなくても利用可能なことから、専業主婦にも好評です。

 

「そっけくん」の融資限度額は最大で300万円、年利は5.0%〜14.0%と平均的です。

 

インターネットからも申し込みが可能なので、簡単に手続きを済ませることが可能です。

 

但し、京葉銀行カードローン「そっけくん」は銀行系なので審査に通りやすいかというとそんなことは無いでしょう。

 

銀行系に落ちる方の割合のほうが大きいようですから、利用しやすさの点ではイマイチといえるでしょう。

 

また自動契約機がないので、店頭もしくは郵送にてローンカードを受け取る手間がかかります。

 

更に利用できる人が京葉銀行の営業エリア内に済んでいる人限定なので、全国対応していないデメリットもあります。

 

使い勝手を考慮すると中小の消費者金融のほうが上かもしれません。

 

審査が緩いので、借りれる可能性も高いですし即日キャッシングに対応しているケースが多いです。

 

但し審査が異常に甘い業者は、悪徳業者もしくは闇金の可能性が高いので注意は必要です。

 

安心して融資を受けるのであれば大手の消費者金融・大手銀行のカードローンを選んだほうが無難です。

 

申し込んだその日に借入れすることも可能なので、オススメです。

 

平日だけでなく土日祝日でも審査を行っている業者が殆どですので、使い勝手の良さは大手が一番といえます。

 

金利は少々高いですが、そこまで大きな差はありませんので利用する価値は大いにあります。

 

今やインターネットバンクで最も人気のある銀行と言えば楽天銀行であり、ネットショッピングサイトの楽天市場をよりお得に利用することが出来るようになります。

 

そんな楽天銀行カードローン「楽天スーパーローン」に申し込みをすることで、最低金利4.9%で最大500万円まで自由に使えるお金の借り入れが可能になります。

 

専業主婦やパート、アルバイトも融資の対象というのも嬉しいですよね。

 

しかし実際にキャッシングをするための審査は決して緩い基準ではなく、個人信用情報機関の記録データをチェックし、念入りで厳しい審査が行われます。

 

そこで、甘い審査で申込者全てが簡単に通りやすいワケではありませんが、是非オススメしたいのはアコムやモビット、プロミスといった全国的にも有名な大手消費者金融です。

 

大手消費者金融へ申し込みをすると、すぐに審査が実施され、約30分ほどの審査を無事通過することで、即日に限度額内まででしたら借り入れをすることが出来ます。

 

安全性も確立しており、現在は大手銀行と提携した消費者金融も多く、提携している銀行と全く同じ信頼性があります。

 

このように便利さと安全性など総合的に判断すると、楽天銀行カードローンを利用するよりも大手消費者金融の方が断然オススメなのです。

 

ジャパンネット銀行カードローンは、10万円〜50万円まで10万円単位での借り入れが可能で、もちろん個人向けの融資となるので使い道は自由です。

 

ジャパンネット銀行は銀行系カードローンですので、年収の1/3までしか借り入れが出来ないという総量規制は対象外となっており、現在他社からの借入れ総額に関係なくキャッシングをすることが出来ます。

 

とは言いましても、ジャパンネット銀行は審査が甘いということは無く、非常に厳しい基準をクリアする必要があります。

 

また現在は新規申し込みの受付は終了していますので、ジャパンネット銀行カードローンの利用は出来ません。(2015/6/15現在)

 

いつかまた受付が再開されたとしても、同じ様に緩い審査で通りやすいことはないでしょう。

 

そこでオススメしたいのが、大手消費者金融のカードローンです。

 

確かに審査は甘くはありませんが、大手消費者金融は日本全国に店舗や自動契約機があり、申し込みをしたその日のうちにキャッシングが出来るという嬉しいメリットがあります。

 

サラリーマンやOLといった正社員として雇用されていなくても問題無く、フリーターやアルバイト、パート主婦などでも安定した収入があれば審査をした上でお金を借りれます。

 

各社ホームページ上で数秒仮審査も出来ますので、まずは利用してみても良いかもしれませんね。

 

ユニークな名前で瞬く間に人気銀行となった「じぶん銀行」は、KDDIのauと三菱東京UFJ銀行の業務提携により作られた銀行であり、続々と新規口座開設者が増えてきています。

 

じぶん銀行のjカードローンでは最大で500万円までの借り入れが可能で、しかもその融資金を使って他社の借り入れをまとめたり、借り換えをすることが出来ます。

 

じぶん銀行は店舗を持たないネット銀行ですので、その分金利を低くすることにも成功しています。

 

低金利でまとまったお金をキャッシング出来るなら、是非とも「じぶん銀行カードローン」を利用したいと思うかもしれませんが、決して甘い審査ではありません。

 

じぶん銀行だけでなく、どこの銀行系カードローンにも同じことが言え先ずが、緩い審査で通りやすいカードローンは皆無で、どこも厳しい審査基準となります。

 

同じ様に大手消費者金融の審査も厳しいですが、審査時間が短く即日に借り入れも出来るという嬉しいメリットがあります。

 

急な現金不足でお悩みでしたら、是非大手消費者金融のカードローンがオススメです。

 

即日キャッシングが出来るというメリットだけではなく、土日祝日でも全国各地に設置している自動契約機でキャッシングカードを発行してもらえるという便利さもあります。

 

その際にはインターネットで申し込みを済ませておくこともでき、そうすることで自動契約機内での手続き時間も短くなり、すぐに資金調達が可能になります。

 

東京スター銀行カードローンの「スターカードローン」は、パートやアルバイトとして安定収入がある方も融資対象であり、低金利で最大500万円までの借り入れが可能です。

 

さらに日本全国にある都市銀行や地方銀行のATMでいつでもキャッシングをすることが出来るので、出張や旅行時などで資金不足になった時でも安心です。

 

また東京スター銀行では他社借入の多い多重債務者に対しておまとめローンも取り扱っており、最大1000万円まで借り入れをすることが出来ます。

 

ただし、東京スター銀行だけではありませんが「おまとめローンは3社以上から借り入れをしていると利用は難しく」なります。

 

スターカードローンも同様に、厳しい審査で時間も長く、お世辞にも緩い審査基準とは言えません。

 

もし利便性を一番に考えているのでしたら、甘い審査ではありませんが、すぐに借り入れすることの出来る大手消費者金融がオススメです。

 

きちんと安定収入があり、他社からの借入額も少なく、また個人信用情報に傷が無ければ比較的通りやすいかと思います。

 

大手消費者金融の審査時間は非常に短いことで知られており、申し込みから審査終了まで早ければ一時間もかかりません。

 

その後、即日にお金も借りれますので、今すぐにお金が必要でしたら大手消費者金融が最も便利と言えるでしょう。

 

どうせ借入れをするのでしたら、毎月の返済額が少なく低金利の方が良いですよね?

 

オリックス銀行カードローンでしたら、業界最低水準の3.0〜17.8%という低金利を実現しており、利息も30万円まででしたら7000円からに設定されています。

 

その上、オリックス銀行カードローンの最高融資額800万円まで可能にしています。

 

メリットがいっぱいで是非ともオリックス銀行で借り入れをしたいと思いますが、実際のところかなり審査が厳しい基準となっており、またキャッシングカードが発行されるまで時間がかかります。

 

確かにオリックス銀行カードローンは利便性が高いですが、決して甘い審査では無いということ、そして審査時間の長さを忘れてはいけません。

 

もしすぐにお金を必要としているのでしたら、緩い審査で通りやすい基準というわけではないですが、大手消費者金融が便利です。

 

銀行系カードローンというのは通常どこも審査時間が長いものですが、大手消費者金融はなんと30〜40分程度であり、申し込みをしてから借り入れまでスムーズにいけば一時間程度です。

 

この即日キャッシングが大手消費者金融における大きなメリットで、その他にもアルバイトやパートなど正社員でなかったとしても安定収入があれば申し込みが可能なのです。